樹木葬はなぜ人気なのか

人間誰しも最後は必ず死を迎えます。


死者を弔う作法は時代によってさまざまな様相を見せてきました。



例えば明治から大正時代にかけては庶民は土葬が一般的でした。
それが次第に火葬が広まっていき、現在では日本人はほぼ火葬で送られています。

火葬で残った遺骨は骨壷に納められ、先祖代々の墓地の墓石の下に収められます。多くの日本人にとって埋葬とはこのイメージではないでしょうか。

しかし今、新たな埋葬方法が大きな関心を集めています。


それが樹木葬です。

樹木葬とは共同墓地や霊園に植樹されたシンボルツリーの下に個人の遺骨を埋めるものです。

多くの場合その樹木は特定の個人のものではなく、その管理は霊園や参拝者全員で行われます。シンボルツリーは墓石のような役割を果たしますが、そこに個人を示すものは表れません。

埋められた遺骨は長い年月の末、土に還っていきます。なぜ今この樹木葬が注目を浴びているのでしょうか。
それには現代日本の家族事情が大きく関わっていると考えられます。

戦後の高度経済成長の中、それまでの日本にあった封建的な家族制度は崩れ、家族の形は流動的なものとなりました。

家名や墓は継がされるものではなくなったのです。

あなたに合った条件のAll Aboutを求める人にお勧めしたいサイトです。

それに拍車をかけたのが現代の少子化や独身者の増加です。



親世代には自分の死後まで子どもに負担をかけたくないという感情、また子ども自体がいないといった事情があります。

そんな現実が樹木葬の人気に現れているといえます。また日本には古来より山や川、植物などを神とあがめる自然崇拝(アニミズム)という信仰がありました。
死者の弔いというと仏教の独壇場という気配がありますが、樹木葬の普及には日本人のDNAに刻まれた自然崇拝も影響しているのかもしれません。