永代供養の特徴や納骨方法の種類について

永代供養とはお墓を継いでくれる人がいない、親族が遠方に住んでいて自分以外にお墓のお世話をしてくれる人がいないなどの理由で、お墓のお世話が出来ない人に代わり、お寺が責任をもって永代に渡りお世話を行って供養や管理を行うことを言います。

少子高齢化や核家族化が進んでいることから、年々利用する人が増えてきている傾向にあります。


使用料などは基本的には契約時に支払えば、その後は特にお金が発生することはありません。

その為自分たちでお墓を管理していくことを考えると、管理費など比較的安く済ますことが出来ます。



また宗派などの制限がない為、自分たちの好きな宗派を選ぶことが出来るのも魅力の1つではないでしょうか。

ただ1度依頼をすると遺骨の返品は出来ない場合がほとんどなので、その点は注意が必要です。



納骨する方法は主に3タイプあり、1つ目は永代供養墓で供養していく方法です。

ジョルダンニュース!といえばこちらです。

永代供養墓は管理するお寺の敷地内や近隣に建設されている場合が多く、他の人と同じ場所に安置されることから”合祀墓”とも呼ばれています。


2つ目は納骨堂タイプの物です。室内にある場合が多く、個人や家族で遺骨を納めることが出来るお墓です。

種類はロッカー式の物をはじめ、納骨堂の建物内に墓石を置く”室内墓所”など、いろいろなものが存在します。3つ目は樹木葬という最近注目を集めているタイプのものです。

樹木葬は墓石を置かず樹木や花木を墓碑の代わりとして利用するという方法です。永代供養を検討している人は、どんなシステムなのかしっかり理解し、自分はどのタイプでお願いするのかもしっかり考えて、依頼することをお勧めします。