海洋葬とはいったいどんなもの

海洋葬というものは自然葬の一種であり、生前海が大好きだった人や土地ではなく自然にに帰りたいと考えている人の希望によって行われることが多いです。

最近では海洋葬も含めて山や空や宇宙といったさまざまな自然葬が増加していますが、日本では墓地に埋葬するのが当たり前だという空気は根強いです。

これは宗教観によるものも大きいので仕方のないことなのですが、それでも海洋葬を含めた自然葬は人気が上昇しています。

海洋葬は名前の通り、海に散骨するものであり、大海原へと帰るという意味も含まれています。
遺族の方と係りの搭乗員の方がチャーターした船に乗り、決められた場所まで行き、そこで散骨することになります。


献花や献水といった行ないも海上で行なわれ、その場で儀式を行ないます。海洋葬終了後は業者によって変わるかもしれませんが、どこで散骨したか分かるように緯度と経度などの位置情報と日付を記した散骨証明書が発行されます。



また業者によっては散骨証明書だけではなく当日の写真をアルバムにして制作してくれたり、パウダー化した骨を全て散骨するだけではなくオプションとしてペンダントやミニ骨壺としていつでも肌身離さず手元に置けるようにしてくれたりします。



このように大きな海といった大自然の中に帰りたいといった気持ちを大切するために行なわれるものであり、遺族の方もこの時の気持ちや時間を忘れないようにさせてくれる素晴らしいものとなっています。

Girls Channelサイトを見つけることができました。