注目される永代供養墓

お墓に対する意識変化の中でもっとも注目されているのが永代供養墓です。
永代供養墓というと身寄りや縁者がいなくて引き取り手がないお骨を合祀した、お寺にある供養塔や供養塚などを思い浮かべる人もいますが決してそうではありません。

また、お墓を引き継いでくれる人がいない人だけが入るお墓でもないのです。従来、お寺には檀家が絶家したときにその家のお墓の骨を移して供養する合祀墓があります。
永代供養墓をそうした合祀墓と一緒に捉えるがゆえに無縁仏を散骨、埋葬したお墓と思ってしまう人が多いのです。

永代供養墓は檀家でもなくお寺に縁のなかった人が自分の意思で供養をお寺に託し、骨を散骨、埋葬してもらうお墓になります。



まさにお寺と有縁になるのです。

いまや立派なご子息がいるという家でも子供に負担を残したくないという理由から生前契約する人も増えています。

さまざまなスタイルがありますが、基本的に1人ひとりに対して供養する形となっており、多くはほかの人の骨と一緒に納骨あるいは埋葬されることから合祀墓、共同墓などとと呼ばれることもあるものです。

Yahoo!ニュース情報を探しましょう。

家族や知人のお参りはいつでも自由で、お墓参りをしてくれる人がいなくても、また途中でいなくなってもお寺が家や家族にかわり責任をもって永代にわたり供養と管理をしてくれます。お寺の永続性をもって供養や弔いをしてくれるので安心です。


お寺の檀家になる必要もないので一式料金を支払えばその後の年間管理費や寄付金などの費用をはらう必要がありません。